左から右へ と 上から下へ 書く の

みなさん、こんにちは!
私は質問があります。
左から右へ書くの と 上から下へ書くの どちらが好きですか?
本とインターネットのサイトは 左から右へ書くの も 上から下へ書くの も やさしい です。でも 左から右へ書くの 字 を 読む の は 大変 と 思います。
もう考えがあります。 でも日本語で これ を うまく 言えません。 :(

左から右へ:
1)日本語 -> 日本言吾
2)切手ー>七力手

上から下へ:
1)


言吾

2)
七力

漢字 は 上から下へ書くの で なされった ので、上から下へ書くの 字 を 読むの は 左から右へ書くの 字 を 読むの より やさしい と 思います。
どう思いますか?

私 も そう 思います。
私 は 字 が 汚い です。
だから、長い 手紙 を 書く 時 は、縦書き(たてがき・上から下へ) に します。
読む人 が 読みやすい と 思う から です。
でも、普段(ふだん) は、横書き(よこがき・左から右へ) が 多い です。
縦書き は、手 が 汚れます が、横書き は 汚れません。←今度、 理由(りゆう) を 教えます。

私は いつも 左 から 右 に 書きます。
上 から 下 に 縦書き に すると 字が どんどん まがっていって、 まっすぐに ならない から です。

私も、なおこさんと同じで、縦書きはまっすぐにならないので、苦手です。

エマさん、なおこさん、しげはるさん、ありがとう ございます!
さらに質問はあります。これ は ばかげた質問 です・・・

漢字 の 画 は 主に 上から下へ と 左から右へ 書きます。 テキスト は なぜ 上から下へ と 右から左へ 書きます か?・・ :)

漢字の画が上から下へ、左から右へ、は、なぜでしょう… 書きやすいから?

日本語の文章が、上から下へ、右から左へ、の理由ですが、以下は私の憶測です(:slight_smile:)

昔の日本の文書は、巻紙に書かれていました。
巻紙を右手でひっぱって出して、新しく出した部分に文字を書いていった。
そのときに、巻かれた部分が右にあったら、筆をもった右手にとって邪魔になるので、巻いた部分は左においておいたのではないでしょうか?

「古文書、巻紙」でgoogle検索したら、こんな画像をみつけましたよ。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/9122/sub5.htm

紙(かみ) が ない ころ の 中国 で は、木 や 竹(たけ) に 文字 を 書いていた そう です。
木 の 板(いた) を つなげて、巻物(まきもの) に して いました。
立ったまま、木 の 巻物 を 左手 で 持って、字 を 右手 で 書く と、右から左へ 書いた ほう が 書きやすい です。
あきこさん の 言う よう に 紙 の 巻物 に なっても、ずっと 右から左へ 書く 方法(ほうほう) が 続いた(つづいた) の だ と 思います。

竹 の 巻物 ↓
http://homepage3.nifty.com/basaranihonshi/basara8makimono.html

昔、 日本語は 縦書き だけ だった と いうこと ですね。
横書き される よう に なった の は 西洋化(せいようか) されて から だと 思います が いつ の こと なんでしょうね。 明治(めいじ) 時代(じだい)?
Cakypaさん の 質問 おもしろいですね。

ありがとうございます!今、私は分かります。

そう みたい です。
私 の 調(しら)べた 所 に よると、江戸時代(えどじだい) から 横書き は あった そう です。
でも、正しい 横書き の 書き方 (左から右へ) は あまり 認知(にんち) されて いなくて、
横書き でも、右から左へ 書いていた そう です。
1942年 に 文部省(もんぶしょう) の 国語審議会(こくご しんぎ かい) が「横書き は 左から右へ」 と 決めて、
以降(いこう)、左から右 の 横書き が 一般的 に なった よう です。

ね!ラサナ の 質問 は おもしろい です。

右から左へ の 横書き は ふべん です ね! 字 は 時々 に ひろい なります・・・私 は 漢字 が しかく を 知っています。 でも、私 の 字 は 時々 しかく ではありません・・・

ラサナさん、こんにちは。きょう はじめて れっすんで いっしょに なりましたね。
だいじょうぶ、わたしも 漢字を書くのは にがてです。
うまく バランスが とれないんです、ぶきよう なので。

ひとみさん、そうですね。でも、今日、しごと は 大変 で、私は気が転倒しました。だから 私 は レッスン で 黙りました・・・

ラサナさん、ひとみさん

わたしも きのうの ばん レッスンで ごいっしょ しました。
きのうは Skypeの 接続が ひどかったのが 残念でしたね(>_<)
また いつか Skype で もっと ゆったり リラックスして お話 したいです。

ラサナさんの 話し方は とても やさしい かんじが しました。(:slight_smile:)
ひとみさんの 話し方は すごく はっきり していて、 スティーブさん に似てる…!? と思いました。(^_^)

つぎのレッスンで私を招待します ください。

World Digital Library ( About this Collection  |  World Digital Library  |  Digital Collections  |  Library of Congress ) は はじめれました。あれ ライブラリ では 日本 の 古代 の 本 が あります。 ( About this Collection  |  World Digital Library  |  Digital Collections  |  Library of Congress ) 私 は 現代 の 日本語 を 勉強している が、古代の まきがみ と 本 を 見る の は 面白い だ と おもいます!

ラサナさん

また 今度 レッスンに 参加する時 ラサナさんを 招待させてもらいますね :slight_smile:

新しく 始まった ユネスコの デジタル図書館 ですね!
世界中の 貴重な 美術品 などが 見られるんですね。
私も 後で じっくり 見てみたいと 思います。 :smiley:

ユネスコのデジタルライブラリー、見てみました。拡大したらはっきり見えますね。

でも古文は私には読めないのが残念です。
源氏物語なんかをスラスラ読めたらステキ!と思うのですが・・。「あさきゆめみし」(マンガ)で精一杯です。

ひとみさん、あきこさん、ラサナ
あぁ~。私 も その ディスカッション に 参加したかった です!
主人 が 疲れて 帰ってきた ので 参加(さんか) できません でした。
いつか、機会(きかい) が あれば、参加 したい です。


ユネスコ の デジタルライブラリー は すばらしい です ね。
歴史(れきし) の 教科書(きょうかしょ) など で 画像(がぞう) を 見た こと は ある けれど、
こんな風(ふう) に しっかり 何ページ も 見る こと が できる なんて!!!
私 も 時間 が ある 時 に じーっくり 見てみたい と 思います!

なおこさん

私 の 場合、古文 が 読めない 前 に 達筆 すぎて 読めません(涙)