スペリングのミス(misspelling)

どうやら、私は、fourthをforthと書いてしまうようです。「前へ」という言葉があるので、文脈上おかしくてもスペルチェッカーは気づいてくれません。日本語では、「4番目」と「前へ」の違いは一目瞭然なので書き間違えることはありませんーーこれは当たり前のことでしょうが。「Aプロジェクトの一環としてBをおこなった」というような文章を書くつもりのときに「一環」が「一貫」となってしまうことなどは起こりえますが、これは、かな漢字変換システムの責任ではなく本人の責任だろうと思います。スペリングのミスは、日本語では、Atokなどの「かな漢字変換システム」を適切に使っていれば基本的には起こりにくくなっています。

会話文のような日本語を書くときは、男言葉と女言葉の違いに気をつけないと「気持ち悪い」文章になってしまう恐れがありますーー話し言葉ではなく書き言葉で文章を書いているならば問題はないのですが。例を挙げるのはやめます。話題がずれてしまいました。

agoをageとタイプしてしまうことがよくあります。手書きではそんなことはなかったと思うのですが。